施術を1ヶ月に1回くらい受ける理由と周期


脱毛のお店に通う頻度は、たいていは1ヶ月に1回程度になります。2週間に1回のお店もあるのですが、たいていは1ヶ月程度です。

逆に2ヶ月に1回や3ヶ月に1回などのお店は、ほとんど見られません。いわゆる月イチのペースになる訳ですね。

なぜそれ位のペースになるかと言うと、毛の周期に関するメカニズムが存在するからです。毛は生えかわっているのですね。

毛には3つの周期があって、退行期と成長期と休止期が存在します。そして大抵の毛は、その周期が1ヶ月程度になっているのですね。それで毛が全て無くなった後にも、また1ヶ月後には生えてくる事になります。

休止期が終わった後には、今度は成長期が到来する事になります。その間に毛が生え続けてくるので、1ヶ月後にはもう一度毛を剃る必要があるのです。

そしてパーツによって、その周期も異なります。その周期が2ヶ月前後になっているパーツもあれば、前述のように1ヶ月のパーツも見られる訳ですね。それぞれのパーツにより違いはありますが、全体的な平均を見ると、大体1ヶ月前後になります。そのような「入れ替わり」の周期があるので、脱毛サロンには1ヶ月に1回くらいの頻度で行く必要があるのですね。

ちなみに脱毛サロンだけでなく、自己処理などを行う時も同様です。いわゆる家庭用の機器などで脱毛の処理をしても、また1ヶ月後には処理をするケースがほとんどです。

定期的に脱毛の処理を行うのには、きちんと理由があった訳ですね。

熊谷で人気の脱毛サロンをお探しならぜひここ
熊谷 脱毛

脱毛の苦労から卒業しました


ムダ毛がを処理しても、あっという間にすぐに伸びてきてしまう私のムダ毛は、毎朝引き抜くタイプの脱毛器とカミソリを使って処理していました。前日の夜に処理しても次の日の朝にはすでに毛穴からムダ毛が出てきてしまっているので、朝に処理するのが定番でした。処理をしてすぐにバイトに行くので、肌がまだムダ毛の処理をした刺激で赤くなったままの時もありました。

でも毎朝30分ぐらいかけて処理するのは、わざわざ早起きしないといけないし、肌も処理した直後は痒くなることもありバイト中に気になることも多かったので、エステで脱毛することに決めました。

エステは予約制だし気持ちが乗らないこともありましたが、朝の処理時間がなくなる事を考えたら頑張って通うことができました。

3ヶ月ぐらいしたら、かなりムダ毛が減ってきて朝にわざわざ処理しなくても大丈夫になってきました。

この朝の脱毛に使っていた30分が空いたので、朝はいつも駅までダッシュしていたのに、今は余裕で電車に間に合うようになりました。

肌も毛穴が開いたり、黒ずんだり、ムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまったりしていたのですが、自己処理をやめてからは肌も良い状態に回復してきました。

エステで脱毛をはじめる前は、ムダ毛はなくても、肌が赤くブツブツになっているので、いかにもさっき脱毛をしてきましたというバレバレな状態で恥ずかしかったですが、今は何も気にしないで肌を出せるので堂々としていられます。

宇都宮の脱毛サロンを探すならここがオススメです。
宇都宮で人気の脱毛サロンはここ

脱毛の施術を受けるときにオススメの服装や髪型とは?


脱毛サロンで脱毛の施術をするというときは、服装や髪型にも注意しておきたいものです。

どこ部位を脱毛するかにもよりますが、脱毛時に適した服装や髪型があります。

例えば、背中や足などの脱毛を行うという場合は、脱ぎ着がしやすい服装を選ぶことが大切です。

最もNGなのが、ワンピース。

どうしてもお出かけの際にはワンピースを選んでしまいがちですが、脱毛をするときには全部脱がなくてはならなくなります。

体の一部を脱毛するだけでも、全身を脱ぐというのは面倒くさいですよね。

脱毛サロンに足を運ぶときは、どの部位を脱毛するかにもよりますが、上下が分かれた服を着ることがポイントとなります。

また、繊維が固めの服はただでさえチクチクとした感触がありますが、脱毛後はどうしても肌が敏感になりがちなので、こういった服は避けたほうがいいでしょう。

チクチクすると、どうしてもかゆみが出てしまい、思わず引っかいてしまうと、肌トラブルの原因になることもあります。

施術後のことを考えて、肌に優しい服を着るのもポイントです。

次に髪型ですが、脱毛の施術は仰向けになったり、うつ伏せになったりするために、どうしても髪形が乱れてしまいがちになります。

しかも施術は時間がかかるので、乱れた髪形のまま、元に戻すのが難しく、まるで寝グセのようになってしまいます。

ポニーテールやお団子は、どうしても形が崩れやすく、しかも元の形に戻しにくいので、避けた方がいいでしょう。

おさげのように、シンプルな髪型にしておくことをオススメします。